慰謝料80万円獲得後、妻に再不倫が発覚し、さらに100万円を獲得イメージ図
依頼者
20代男性
相手方
不倫相手の男性
地 域
関西

180万円

事案概要

依頼者の妻の帰りが遅くなり、泥酔状態で帰ってくることや、翌日の朝帰りになることも多くなりました。不審に思った依頼者が、妻の携帯を確認したところ、職場の同僚とたびたび不倫行為を行っていることが明らかになりました。

依頼者が妻に確認したところ、かなりの頻度で会っており、相手方も妻が既婚者であることを知っていたようです。依頼者は、離婚はしないものの、自身に何ら落ち度がないこともあって怒りが収まらず、不倫相手に慰謝料を請求することになりました。

解決までの流れ・弁護士の対応

本件を担当した弁護士は、今回のケースで裁判にまで至ったときの慰謝料の相場は、100~150万円程度であることを依頼者に伝えたところ、早期解決のため、任意で交渉を行うことになりました。

交渉では、相手方にも弁護士が付き、80万円を一括で支払うとの内容で合意が成立しました。

しかし、その直後、妻が同じ相手と再び不倫行為を行っていたことが判明したのです。合意書を締結した際に、違約金の条項を入れておいたため、それにしたがい、100万の違約金の請求を行い、満額回収となりました。

不倫による不貞行為が長期間に及んでいる場合、慰謝料請求後も再び不貞行為を行っているケースは少なくありません。

物理的に二度と会わないようにさせる強制はできませんが、再び、不倫行為に及んだ場合に備えて、最初の慰謝料請求・合意の際に、違約金の支払い条項を定めておくのがベストです。