不倫相手の夫から350万円を請求されるも、200万円の減額に成功イメージ図
依頼者
20代男性
相手方
不倫相手の夫
地 域
関東

300万円

事案概要

依頼者は職場の同僚と不倫してしまい、不倫相手の配偶者から弁護士を通じ、慰謝料として500万円を請求されました。

依頼者は500万円もの慰謝料をとても支払うことができないため、減額したいと考えて弁護士法人アドバンスに相談されました。

解決までの流れ・弁護士の対応

本件を担当した弁護士は、500万円という請求額について、最近の裁判例の傾向を踏まえると高額過ぎると主張し、減額を要求しました。

これに対し請求者は、300万円までなら減額できると応じましたが、依頼者の給与が低額であること、高価な財産も保有していないことなどを理由に、300万円でも支払いは困難と反論。
粘り強く交渉を続けた結果、200万円を一括で支払うという内容で合意でき、当初の請求額から300万円の減額に成功しました。

不貞行為に対する慰謝料として、一般的な相場よりも高額な請求を求められるケースは少なくありません。
適切な慰謝料の金額は個別具体的な事情によって異なり、金額の判断には法的な専門知識が必要です。

請求額に不満を感じる場合は、不倫・浮気の慰謝料請求や離婚問題に詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。 法律と交渉のプロである弁護士が依頼者に代わって適切な慰謝料の金額を判断し、大幅な減額を目指して交渉してくれます。

弁護士法人アドバンスは、土日祝日も休まずにご相談を受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。