不倫相手の妻から500万円を請求されるも、485万円の減額に成功イメージ図
依頼者
不明女性
相手方
不倫相手の妻
地 域
中国・四国

485万円

事案概要

依頼者は、既婚者と不倫して肉体関係を持ってしまいました。最初は後ろめたい気もしましたが、不倫相手から「妻とは離婚する」と言われており、具体的な証拠も見せられたため、安心して、不倫関係を継続していました。

その後、不倫相手の妻の弁護士から、慰謝料500万円を請求されてしまいました。とても払える金額ではないことに加えて、相手から「離婚する」と聞いて安心して付き合っていた中で、このような請求がされたことに納得いかず、弊事務所へご相談・ご依頼となりました。

解決までの流れ・弁護士の対応

今回のポイントは、依頼者が不倫相手から離婚すると聞いており、実際にそれが証拠として残っていたことです。

不貞行為をしてしまい、慰謝料請求をされた場合の減額ができるポイントの一つとして、浮気・不倫相手の夫婦関係が破綻していた(または破綻していると聞いていた)ことがあります。

たとえば、長期間別居していたとか、離婚について具体的に話し合われていたことなどが、よくあるケースです。

今回は、不倫相手から「妻とは離婚する」と言われており、実際にそれが証拠として残っていたことが減額交渉を成功させるカギとなりました。

不倫相手から「妻とは離婚する」「長期間別居している」と言われ(あるいは嘘をつかれ)、不倫をしてしまうケースは少なくありません。

弊事務所にご依頼いただければ、経験豊富な弁護士が残された数少ない証拠から、依頼者の方に少しでも有利となる情報を発見することも可能です。

まずは、遠慮なくご相談ください。