不倫相手の妻から440万円を請求されるも、320万円 の減額に成功 イメージ図
依頼者
30代女性
相手方
不倫相手の夫
地 域
北海道・東北

320万円

事案概要

依頼者は、同じ職場の同僚と不倫関係になっていたことが相手の妻に知られててしまい、弁護士を通じて慰謝料を請求されてしまいました。

最初は自分自身で、一括で支払いが可能な金額である50万円を支払う旨を提示して交渉しましたが解決できず、440万円の支払いを求める裁判を起こされてしまいました。

途方にくれた依頼者は、弊事務所に相談に参られ、裁判からのご依頼となりました。

解決までの流れ・弁護士の対応

相手と任意での話し合いで合意できなかった場合は、裁判に発展することがあります。また、突然、相手方から訴えを起こされ、裁判所から書類が届くこともあります。

本件は、依頼者の不倫期間だけではなく、相手方夫婦の婚姻期間も短く、不倫相手からの「妻とは不仲であり、婚姻関係は破綻している」の言葉を信じて関係に至ったという経緯があります。

そのため、弁護士は、相手方からの請求金額である440万円は高すぎるとの交渉を粘り強く行いました。

また、裁判官にも強く訴えかけ、慰謝料150万円を分割で支払う旨の和解が成立しました。 さらに150万のうち、120万を支払えば残りの30万は免除されるとの条件もつけることができました。

いずれにしろ、裁判にまで発展した場合、たとえ、自分に全く非がなかったとしても、自分だけで裁判手続きを進めるのは非常に危険です。

裁判では、民事訴訟法をはじめとする法律にもとづき、手続きが遂行されるため、勘違いやちょっとしたミスが命取りになったり、自分では予想のつかない、取返しの付かないことが起きる可能性があるからです。

相手方から裁判を起こされた場合は、速やかに弁護士までご相談ください。 弁護士法人アドバンスにご依頼いただければ、多数に浮気・不倫問題に強い弁護士が在籍しており、また、全国に支所を持つ利便性を活かして、急な裁判にも対応が可能です。