反省の色を見せない不倫相手から、慰謝料150万円を獲得した事例イメージ図
依頼者
40代女性
相手方
不倫相手の女性
地 域
関東

150万円

事案概要

依頼者は、1年前、自宅のパソコンから、夫が職場の同僚と頻繁に外泊を伴う旅行に出かけていることを知りました。仕事関係の可能性もありましたが、浮気を疑った依頼者は、探偵に依頼するなど、色々と調べてみました。

すると、一緒にラブホテルに入った写真をはじめ、高価な貴金属のアクセサリーの領収書など、異性と肉体関係を持った、つまり、不倫をしたことが分かる証拠が出てきました。

そして、不倫をしていた年数は少なくとも4年間にも及びました。ショックを受けた依頼者は、一度は別居や離婚も検討しましたが、子どもがまだ社会人になっていないことを考え、何とか事を穏便に済まそうと3人で話し合いの場を設けました。

話し合いの場では、夫と不倫相手は、依頼者に対し謝罪をし、「不倫は二度としない」と約束をしました。ところが、その後も、二人が会っている現場を依頼者自身が目撃するなど、二人に反省の色が見られないことから、弊事務所へご相談に来られ、不倫相手に対する慰謝料請求のご依頼となりました。

解決までの流れ・弁護士の対応

さっそく、弁護士が不倫相手に対して、慰謝料を請求する旨の内容証明郵便を送ったところ、浮気相手も弁護士に依頼をし、弁護士同士で交渉することになりました。

話し合い当初、相手方は、不倫の事実は認めたものの、慰謝料の支払額と方法について、こちらの希望額とは倍以上の差があり、しかも分割払いを希望してきたため、交渉は長期化する可能性がありました。

本件を担当した弁護士は、依頼者とも何度も話し合いを重ね、依頼者の意向も確認しながら、相手方代理人と交渉を継続しました。

そして、こちらが裁判も辞さないという強気の姿勢を崩さずに交渉し続けた結果、相手方も徐々に歩み寄りの姿勢を見せるようになりました。

その結果、今回のケースの相場である150万円の慰謝料を一括で支払わせる内容で合意することができました。

また、そればかりでなく、不倫相手が自分自身の責任を軽減させるため、夫に対し慰謝料の支払いを請求することがないように、求償権も放棄させました。

浮気・不倫の慰謝料請求に関する交渉は、ご自身で対応せず、弁護士にご相談してください。当事者同士だけの交渉ですと、お互いが感情的になり新たなトラブルが発生したりする可能性があります。

弁護士に依頼すれば、適切な金額の慰謝料が獲得できるだけではなく、相手方との交渉は、全て弁護士に任せることができるため、精神的・肉体的負担の軽減にもなります。

弊事務所では、依頼者とのコミュニケーションを大事にし、依頼者のお気持ちや意向も十分に尊重した上で、適切な慰謝料獲得のための交渉を行います。まずは、遠慮なくご相談ください。