コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

面接交渉権[めんせつこうしょうけん] とは?

現在では、面会交流権と呼ばれることが一般的ですが、以前は、面接交渉権と呼ばれていました。

これは、2012年(平成24年)4月1日から施行された改正民法において、離婚時に父又は母と子との「面会」及びその他の交流について、子どもの利益を最も優先して考慮し、父母が協議で定める旨が規定されたからです(民法第766条1項)。そのため、現在では、面会交流権という呼び方が定着しています。