コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

浮気[うわき] とは?

日常用語では、交際中の男女間において、相手が他の異性と交際することを指すことが一般的です。独身であれば「浮気」、既婚者であれば「不倫」と言葉を使い分けたり、男女関係があって本気の場合を「不倫」、そうでない遊びの関係を「浮気」と呼ぶことも多いようです。

実は、浮気も不倫も、法律用語ではありません。法律用語では、配偶者のある人が、配偶者以外の異性と性的関係を持つことを「不貞行為」といいます。民法上、夫婦には、夫婦以外の異性と性的関係を持ってはならないという貞操義務がありますので、この貞操義務に違反しているので「不貞」と呼ばれるのです。

そして、不貞行為に対しては、慰謝料などの損害賠償を請求することができますし、裁判上の離婚原因にもなります(民法第709条、同第770条1項1号)。