コンテンツまでスキップ

浮気・不倫の慰謝料や離婚に関わる法律用語「母子福祉資金貸付制度」とは?

慰謝料・離婚の法律用語集

母子福祉資金貸付制度[ぼしふくししきんかしつけせいど] とは?

子どもを連れて離婚する場合、慰謝料や財産分与も重要ですが、最も心配なことは生活費など経済的な心配かと思います。

特に、結婚を機に専業主婦となった方が世帯主として新たな生活を送るためには、仕事や住居探しから生活の安定まで、周囲のサポートが必要です。

この点、公的なサポートの1つとして、シングルマザーやシングルファザーのために、母子(父子)家庭となってしまった方が、就労や子どもの就学などで資金が必要になった場合、地方自治体から貸し付けを受けることができます。
これが母子福祉資金貸付制度です。

生活資金、住宅資金、転居用の資金、就職支度金や、子どもの修学資金、就学支度金など様々な種類の貸付制度があります。

各自治体によって金額や利率、連帯保証人の有無など貸付条件は異なりますので、詳しくは、お住いの市区町村役所までお問い合わせください。