コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

結婚[けっこん] とは?

男女が結婚する意思(婚姻意思)をもって婚姻届を提出すると、法律上正式な夫婦となります。これを結婚と呼びますが、法律用語では「婚姻」と呼ばれています。

そして、婚姻関係になった夫婦は、様々な義務を負うことになります。詳しくは法律用語集の婚姻のページをご覧ください。

この点、夫婦関係を成立させようという婚姻意思があり、事実上の夫婦共同生活を送っているものの、婚姻届だけ提出していない男女関係のことを事実婚(内縁)と呼びます。皆さんの周りにもいらっしゃるのではないでしょうか。

なお、男女間に婚姻意思がなく、単に共同生活を送っているだけの関係は同棲と呼ばれます。詳しくは法律用語集の事実婚のページをご覧ください。

弁護士法人アドバンスに寄せられる相談として多いのは、事実婚の状態にある内縁の夫が他の女性と浮気をした場合の、不貞行為の慰謝料請求です。

この場合、内縁関係でも婚姻関係と同様に貞操義務を負いますので、貞操義務に反した内縁の夫や、夫が内縁関係にあることを知りながら肉体関係に及んだ交際相手の女性に対して、慰謝料を請求することができます。