コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

協力義務[きょうりょくぎむ] とは?

婚姻関係にある夫婦は、同居義務・扶助義務・協力義務・貞操義務という義務を果たさなければなりません(民法第752条)。協力義務はそのうちの1つです。

協力義務に違反しているからといって、それがそのまま直ちに離婚原因になったり、離婚に際して配偶者へ慰謝料を請求できるわけではありません。

配偶者の継続的な非協力的態度が原因で夫婦関係が悪化し、婚姻生活が修復不可能なほど破綻してしまった場合には、婚姻を継続したがい重大な事由の1つの要素として離婚原因になり得ます。

また、協力義務は経済面だけではなく、子育てや家事など夫婦生活の全体として違反しているかどうかが考慮されます。