コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

推定される嫡出子[すいていされるちゃくしゅつし] とは?

法律上の婚姻関係にある者の間に生まれた子、つまり嫡出子のうち、下記要件にあてはまる子どもを「推定される嫡出子」といいます(民法第772条)。


・妻が婚姻中に妊娠した子ども

・婚姻の成立の日から200日後または婚姻の解消もしくは取消しの日から300日以内に生まれた子ども


この条件にあてはまる場合、つまり、推定される嫡出子の場合には、夫からの認知などの手続きを行うことなく、当然に生まれた子の父親となることができます。

これは、母子関係は出産によって明らかですが、父子関係は必ずしも明確ではないことから、法律上の父子関係を早期に安定させるために設けられている制度です。

もしも、母親が浮気不倫をし、実はその不倫相手との間に子どもが生まれた場合など、子どもの父親がこの推定を覆したいとき(親子関係を否定したいとき)は、子どもが生まれたことを知ってから1年以内に、嫡出否認の訴えという厳格な手続を経なければなりません。

1年以内に訴えを行わない場合には、父親と子どもの親子関係が確定し、養育費などの支払義務が発生します。