コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

判決確定証明書[はんけつかくていしょうめいしょ] とは?

たとえば、浮気・不倫の不貞行為による慰謝料請求訴訟において、裁判所から判決が下されたとします。

そして、2週間以内に控訴などの不服申し立てがされなかったり、不服申し立てが受理されなかった場合に判決は確定します。

その判決が確定したことを証明する公的書類のことを、判決確定証明書と呼びます。

もっとも、慰謝料の請求やその強制執行手続で利用することはほとんどありません。むしろ、離婚訴訟などで家庭裁判所から判決が下された場合、その判決が確定したことを証明するのに使用します。

具体的には、判決確定後10日以内に、判決確定証明書と判決書謄本にその他の必要書類を添えて市区町村役所に離婚届を提出しなければなりません(裁判離婚・判決離婚)。

ただし、判決が確定したとしても、家庭裁判所から確定のお知らせが来るわけではありません。判決が下された家庭裁判所に「判決確定証明申請書」という申請書を提出して、判決確定証明書を発行してもらえるよう手続きする必要があります。