コンテンツまでスキップ

慰謝料・離婚の法律用語集

離婚調停[りこんちょうてい] とは?

離婚する方法には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚と4つの種類があります。そのうちの1つであり、家庭裁判所を利用する手続きになります。

夫婦で離婚の合意ができなかったり、離婚に合意はしているものの、親権や財産分与、慰謝料養育費などの離婚条件で合意できていない場合、家庭裁判所へ調停を申し立てることで、その解決を図ります。

そして、調停で成立した離婚のことを離婚調停(「調停離婚」とも)と呼びます。

離婚調停では、調停委員が双方の事情を聴きながら、当事者が合意できるように調停を進行します。いわば、家庭裁判所で行われる話し合いのようなものです。

離婚理由が法律で定められている裁判離婚とは異なり、当事者双方が合意すれば離婚が成立します。

現行法上、協議離婚が成立しない場合、いきなり離婚訴訟に訴えることはできません。まずは離婚調停を申し立てなければなりません。そして、調停で合意に至らず不成立に終わった場合にはじめて、離婚訴訟を提起して、離婚の可否について争っていくことになります。これを法律用語で「調停前置主義」と呼びます。